高い着物ってどんなの?

証紙などの付属品は必要です

着物をより高値で売却するためには、付属品の有無は非常に重要になってきます。中でも有名作家手掛けた着物や一流ブランドの高級着物には、その着物を作ったことを証明する『証紙』と呼ばれるものが購入時に商品と一緒に渡されるケースがあります。証紙はその着物の価値を証明するための書類ですので、査定額に大きくな影響を及ぼします。
しかし、購入時にその着物を売却するときのことを考えている方はもちろん少なく、必要のない紙だと思われて処分されていることが多いのです。捨ててしまっている場合はどうしようもありませんが、もしお持ちでしたら売却時にはとても重要な書類となりますので、鑑定士に査定を依頼する際は着物と一緒に提出することをオススメします。

保管状態の良い着物ほど高価買取に繋がりやすいです

着物の買取を行っているほとんどの業者は、再販を目的として買取を行っています。そのまま自社で販売したりリメイク品として加工して販売したりと、業者によって販売ルートは様々でしょうが、共通して言えることは”状態の良い着物には高値がつきやすい”ということです。
保管状態が良いキレイな着物であれば買取後に手入れをする必要がなく、そのままの状態で再販可能な為、高値が付く可能性が高いということになります。逆に言えば、保管状態のあまり良くない着物は手入れをする必要がありますので、買取不可になったり査定額が安くなってしまいがちなんですね。
着物は専門知識がなければ自分で洗うことが難しい衣類ですが、より高値で売却するためには保管状態にも気を付けておくべきなのです。