中古の着物は買取できるの?

需要の高まっている今が売り時です!

東京オリンピックを控えた今、日本の伝統文化は世界から注目を集めています。もちろん”着物”もその例外ではなく、日本のみならず世界各国から需要が高まっているのです。そのため中古着物市場は目まぐるしい発展を見せており、以前は査定を依頼しても買取拒否されたような着物も今なら買取をしてもらえることだって珍しくはありません。まさしく今が、タンスの中で眠っている着物を売ってお小遣いに替える絶好のチャンスと言えるでしょう。
買取を行っている業者は再販を目的として買取を行っているため、メンテナンスの必要のないキレイな状態の商品であれば高額査定に繋がる可能性が高くなっています。
これを機に、一度タンスの整理をしてみるのもアリかもしれませんね。

買取を依頼する前に気を付けておきたいこと

実際に業者に買取を依頼する場合、気を付けておきたいポイントがいくつかありますのでご紹介しましょう。
ひとつめは、”保管状態”に関することです。前述したように買取業者は再販を目的として買取を行っている為、手入れの必要がなくそのまま再販可能な保管状態の良い商品には高値を付ける可能性が高いのです。専門知識がなければ細かなクリーニングなどはなかなか難しいですが、ほこり程度は落としておくことをオススメします。
ふたつめは、”付属品”に関してですね。着物にはブランドや作者を証明する『証紙』と呼ばれるものが付属しているケースがあります。紙製のものが多いのでゴミと間違われがちですが、査定額に大きく影響することもありますので捨てずに着物と一緒に提出することをオススメします。